丸ブ

丸井のブログ

【ガルラジ】富士川に行ってきました

2019年7月23日、ガルラジことガールズラジオデイズの2ndシーズンがいよいよスタート!いえーい!(彩美)

これと同時に各サービスエリアとの連動企画もスタートしたんですね。

今思うと1stシーズンで全く何も無かったのが変な話ですが。

というわけで現地へ行ってきました。この記事はそのレポートになります。

ガルラジスト(ガルラジリスナー)の間では”質感旅行”と呼ばれてるやつですね。

普段書き慣れてないタイプの記事だから読みにくいかもしれないけど大目に見てね。

 

まず連動企画開始を知って漠然と行きたいなと思い始めました。

この時点ではいつどこに行こうとかはほとんど考えてませんでしたね。

ちなみにこの連動企画ですが発表翌日に即開始っていうのが面白かったですね。いつも重要事項をさらっと繰り出してくるガルラジらしくて。

ツイッターでは翌日からいきなり現地へ赴くフォロワーなんかも出てきて。行きたい欲がますます増していきましたね。

そしてその後放送されたチーム富士川の第1回があまりに衝撃的でした。衝撃的過ぎたんですよ…

みなさん既に聴いてると思いますが一応リンク貼っときますね。

www.youtube.com

あ~これはもうガマンできないな~ってなっちゃいました。今すぐにでも行きたい!

というわけで今回の目的地はチーム富士川の本拠地、EXPASA富士川に決定!

元々富士川は推しキャラの白糸結もいましたし。

自宅の千葉から比較的アクセスしやすくて日帰りも可能というのも理由の一つですね。

移動には電車、新幹線、徒歩を使うことにしました。

というかそれしか選択肢がありません。ペーパードライバーですもの。

双葉SAにも同日中に寄れないかなーと思って調べてみたけど厳しい感じでしたので断念。静岡と山梨近くない?っていうのは安易すぎる考えでした。

いつ行くかに関してはそれほど困りませんでした。理由は言わないけど今結構暇なんですよね。

あと持ち物ですね。ニコニコ超会議で買った白糸結のアクリルキーホルダーを持っていくことにしました。 

 

そして7月29日(月)。

頑張って早起きして朝8時台に家を出発。

総武線で品川まで行ったんですけどちょっと贅沢をしてグリーン車を使いました。せっかくの遠出だし快適を求めたっていいですよね。

ところでみんな2階建のグリーン車は上下どっちが好き?俺はどっちでもいい。

そして何年か振りに乗る新幹線。こちらは流石に自由席。夏休みの影響でちょっとは混むのかな?って思ったけど全然でしたね。

しかし新幹線って滅多に乗らないと切符の買い方や乗り方に不安を覚えますね。恥ずかしながら事前に検索して予習しました。

ちなみに移動中はアイドルコネクトノベルアプリを読み進めていました。

面白いからみんなも買ってみてね。500円!

 

f:id:b_marui:20190730233516j:plain

三島駅から乗り継いで富士川駅に到着したのが11時半ごろ。早いな~。正直あまり遠くまで来た感じがしませんでした。

ここからバスでEXPASA富士川には楽に行けるのですが、今回はあえて徒歩を選択。

富士川の土地を歩くことでいわゆる"質感"というものを得てみたかったんですよね。

地図アプリで調べてみたところ徒歩ならおよそ30分とのこと。梅雨明け直後のこの季節だとギリギリ許容範囲でしょうか。

 

f:id:b_marui:20190730234903j:plain f:id:b_marui:20190730234911j:plain

歩いてると猫除け用のペットボトルが何故か散乱している光景に出くわしました。なんか面白かったのでつい撮影。

これも質感?

 

f:id:b_marui:20190730234927j:plain 

大粒の汗を垂らしながら地図アプリが示してくれた道を進みます。

坂が多いです。しかもそこそこ急。いいじゃん登ってやろうじゃんか…

 

f:id:b_marui:20190730234933j:plain

さらに途中から歩道が無くなりました。車も結構通る。明らかに歩行者向けではない道でしたね。実際歩いてる人見なかったし。

ただこうして歩いていると1stのラジオ内で言っていた「静岡は日本で最も平均的な土地」という豆知識を思い出しました。

言われてみるとなんとなくそんな気がしてくるような…

 

f:id:b_marui:20190730234851j:plain

へとへとになりながら歩き続けているとついに見えてきました。EXPASA富士川のシンボル、観覧車が!

自ずとテンションが上がります。まあこの後1本道を間違えてすぐ下がるのですが。

f:id:b_marui:20190730234921j:plain

近付いてきましたね。

はじめてのおつかいならしょげないでよベイベーって流れ始めるあたりです。

ガルラジならとくちゃんこと徳若実希が好きな番組ですね(多分)。

 

f:id:b_marui:20190731002011j:plain

出入口はやけにひっそりとしていました。まるでほとんど徒歩の利用者を想定していないかのように。

ちなみに普段高速道路やサービスエリアに縁の無い私は「本当に徒歩で入れるの?」ってこの時まで疑問に思っていました。

 

f:id:b_marui:20190731002918j:plain

ついに到着です!やったー!

いきなり天気悪くなってるけど気にしないでね~。

汗が止まらないし一刻も早く休みたいけどその前に…

 

f:id:b_marui:20190730234950j:plain

見つけました。連動企画のポスターです。

この年魚市すずには正直ドキッとします。だからこんな夢を見たんですかね。結構恥ずかしいです。

 

f:id:b_marui:20190731004143j:plain

アクリルスタンドと配布カードも見つけました。インフォメーションエリアの所です。

スタンドの方は自分の持ってるキーホールダーと同じイラストだけど大きさは2倍くらいあるのかな。

撮影していると受付の方から「好きな順番に並べてよろしいですよ」と言われました。嬉しいですねこういうの。

カードの方はまだ余裕ありそうでした。とはいえ無くなり次第終了と言われたら焦りますよね。

 

f:id:b_marui:20190731005323p:plain

時間的にもちょうど良いのでおひるごはんにします。

有名な富士宮焼きそばです。多分初めて食べたけどおいしかったですね。

今回全く関係のないはいふりカメラを使っててすみません…正直この時までせっかく持ってきたアクリルキーホルダーの存在をすっかり忘れてました。

 

f:id:b_marui:20190731003359j:plain f:id:b_marui:20190731010035j:plain

せっかくなので観覧車に乗りました。アラサーの男が一人で。

チーム富士川もこれに乗ったかもしれないと考えると質感が増してきますね。

1周700円という料金は女子高生の年魚市と白糸にとってはどういう金額だろう…それとも金明さんが奢ったのかな…とか考えるのがめちゃくちゃ楽しいです。わかってくれ。

 

f:id:b_marui:20190731011030j:plain f:id:b_marui:20190731011013j:plain f:id:b_marui:20190731011020j:plain

観覧車が1周する間アクリル白糸で遊び通しました。

なかなか良い写真が撮れたんじゃないでしょうか。

これで快晴ならもっと良かったんですけどねえ。富士山も見えるとか。

 

f:id:b_marui:20190731012835j:plain f:id:b_marui:20190731012842j:plain

EXPASA富士川を出た後に向かったのは静岡では有名なハンバーグレストランの"さわやか"。

白糸が大好きなお店ですね。質感を得るためにぜひ寄りたかったのです。

平日の15時くらいだったのに待合室は人でいっぱいだから驚きました。本当に人気なんですね。

ハンバーグは白糸が断念した250gに挑戦しました。

目の前で店員の方がハンバーグを切って焼いてくれるパフォーマンスにはワクワクさせられます。

そして肝心の味の方ですが、噛み応えのある外側と赤身の残った柔らかい真ん中の肉が合わさって超ジューシー!とってもおいしかったです。また来たい味。

 

さわやかを出た後に雨に降られてしまいました。

傘は持っておりません。びしょ濡れになりながら最寄り駅へダッシュしました。

普段ならツイてないなーで終わってしまうところですが、今回は質感旅行。

ここに住むチーム富士川のみんなは今日のこの雨に対してどう思ったか、どう対応したかを想像して楽しむことができるのです。

年魚市は用意周到そうだから折り畳み傘を持ってるのかな…白糸は濡れてるかもな…いや夏休みのこの時間なら家にいるのかな…とかね。

電車の中で濡れた男がニヤついていたと思います。

 

もっと気ままにふらつきたかったのですが残念ながらここでタイムリミット。帰宅の時間です。

こう暑いと体調を崩しやすい体質なのですが、今回はなんとか無事で終えられたので良かったです。

ちなみに旅行中にトイレに行ったのはなんと1回だけ。水分補給はマメにしていたんですが、ほとんど汗になって流れてしまったということですね。お~こわっ(藤田ゆきのさん風に)。

 

レポートは以上となります。

今回の旅行を経て質感旅行が質感旅行と呼ばれる理由がはっきりわかった気がします。

(みなさんが感じている"質感"ってこういうことですよね?)

みんなも聴こうガルラジ!そして行こう質感旅行!